イソフラボンとは?

イソフラボンは、胚軸という大豆の芽に特に多く含まれる植物性ポリフェノールの一種です。
今のところ、ゲニステイン、ダイゼインなど15種類もの大豆イソフラボンが確認されています。
納豆や豆腐、味噌や大人気の豆乳など、日本の食卓に無くてはならない大豆食品が、大豆イソフラボンを含む食品として世界中から注目されています。

イソフラボンは更年期障害や乳ガン、骨粗鬆症などの女性特有の疾患に対して有効に働く素材として注目されているのです。
最近では男性の更年期障害にも有効な成分でもあると考えられています。

1991年にはアメリカ国立がん研究所が290万ドルの予算を計上して、抗がんの効果の研究に乗り出しました。
また、『第2回大豆の成人病予防と治療に関する国際シンポジウム』が1996年にベルギーで開かれ、イソフラボンがメインテーマかと思うほどイソフラボンが関連する研究発表が相次ぎました。
欧米では、日本人の長寿や更年期障害、乳ガンや骨粗鬆症などの発症率の低さの秘密がイソフラボンにあるのではないかと考えて研究を行っています。

ガンだけでなく、心臓病のリスクを低くしたり、最近では女性が喜ぶ効能が明らかになってきています。
それは美肌やダイエット、さらには女性の不調を解消するというような効能です。
なぜこのような効能があるのかというと、イソフラボンはエストロゲンという女性ホルモンに似た構造を持っているためです。
フィトエストロゲンという植物性エストロゲンの別名で呼ばれることもあります。
本物のエストロゲンと比較すると、イソフラボンの効力は500分の1~1000分の1ほどであるため、穏やかに作用します。

イソフラボンは大豆の他にレッドクローバーや葛の根、緑豆やカンゾウなどのマメ科の植物に多く含まれていて、特に大豆胚芽、ガウクルア、葛の根に含まれると言われています。
私たち日本人は、味噌や納豆、豆腐など日常的に大豆イソフラボンを摂取しているので摂取不足になるということはめったにありません。