大豆イソフラボンの過剰摂取などの副作用は?

イソフラボンの効果の1つにガン予防があります。
女性ホルモンを分泌を正常にするので、不足による体調不良や過剰による発ガンを予防する効能があるのです。こちらのサイトでもイソフラボンの効果効能について詳しく解説されています。

日本人の日常的な食事では、豆腐や納豆、味噌など大豆イソフラボンを摂取しています。
そのおかげで、日本人の乳ガンの発症率は世界でもかなり低く、世界中から大豆イソフラボンの効果を注目されるようになりました。
世界ではこぞって大豆イソフラボンのサプリメントが作られ、乳ガン予防になるという名目に惹かれて爆発的な売り上げをみせました。
また、 サプリメントでイソフラボンの解説ページもおすすめですので、是非ご覧ください。

大豆イソフラボンの適正摂取量は70~75mgですが、イタリアで閉経後女性を対象にして1日150mgの大豆を5年間に渡って摂取したら、
研究結果が出たそうです。
さらに日本でも、閉経前の日本人女性に、普段の食事で大豆イソフラボン29.5mgに加えて豆乳400mg(75.7mg)を摂取するという実験を行ったら、子宮内膜増殖症が起きやすくなったという
女性ホルモンの一種のエストラジオールが30%程度低下して、月経周期が11.7%ほど長くなったそうです。
ちなみに、エストラジオールとはエストロゲンの一種であり、最も生理活性が強くて、不足すると妊娠しづらくなるものなのだそうです。
適正量以上の大豆イソフラボン摂取は、かえって女性ホルモンの分泌異常を招いているようです。

「長期的に大豆イソフラボンを摂取し続けた場合の安全性は必ずしも確認されたわけではない」
「妊婦が大量の大豆イソフラボンを摂取し続けると、胎児に影響が出る場合がある」という問題もあります。
しかし、これは過剰に摂取し続けた場合であり、普通の食事量での大豆イソフラボンの摂取は、健康を損なうことはないそうです。

乳幼児や15歳以下の小児が、通常の食事に追加して大豆イソフラボンを摂取することは推奨されていません。
普段の食事を普通どおりに食べていれば、日本人の私たちには大豆イソフラボンが不足する心配はありません。
ただ、最近は食生活が欧米化してきたためか、若い世代の乳ガン発症率が高くなってきています。
日本人らしい和食の素晴らしさと必要性を見直す必要があるのかもしれません。
イソフラボン商品には商標登録されているものもあるそうです。商標登録についての詳しい解説は、商標登録すべき会社名商品名をご覧ください。