大豆イソフラボンが含まれる食品の例

大豆イソフラボンhttp://www.fazztraceteam.com/yoiriyuu.htmlは、大豆を原料としている加工食品のほとんどのものに含まれていますが、原料となる大豆の種類や加工食品の製造方法などによってその含有量は異なってきます。
食品安全委員会による評価書では、食品100g中に含まれるアグリコンとしての大豆イソフラボンの量は以下の通りになっています。

・大豆は11検体においての含有量は88.3~207.7mgでした。
 平均含有量は140.4mgとなります。
・煮大豆の3検体においての含有量は69.0~74.7mgで、平均含有量は72.1mgとなります。
・揚げ大豆は1検体においての含有量は200.7mgで、平均含有量は同じ200.7mgとなります。
・きな粉は2検体においての含有量は211.1~321.4mgで、266.2mgとなります。
・豆腐は4検体においての含有量は17.1~24.3mgで、平均含有量は20.3mgとなります。
・凍り豆腐は1検体においての含有量は88.5mgで、平均含有量も同じ88.5mgとなります。
・おからは1検体においての含有量と平均含有量は10.5mgとなっています。
・金山寺みそは1検体においての含有量と平均含有量は12.8mgとなっています。
・油揚げ類は3検体においての含有量は28.8~53.4mgで、平均含有量は39.2mgとなります。
・納豆は2検体においての含有量は65.6~81.3mgで、平均含有量は73.5mgとなります。
・味噌は8検体においての含有量は12.8~81.4mgで、平均含有量は49.m7gとなっています。
・醤油は8検体においての含有量は1.0~1.7mgで、平均含有量は0.9mgとなります。
・豆乳は3検体においての含有量は7.6~59.4mgで、平均含有量は24.8mgとなっています。

揚げ大豆やきな粉http://muine-player.org/kin.htmlなどのイソフラボン含有量が格段に多いようです。
このイソフラボン含有量の数値を覚えておいて、普段の食事に大豆食品でうまく取り入れていきましょう。
特定保健用食品やサプリメントなどで大豆イソフラボンを摂取するよりも、より健康的に摂取していくことができるでしょう。
こちらのセサミンサプリメントのお薦め商品というサイトもわかりやすくて、おすすめサイトです。